BASILTREATMENTS

Top >> Lab >>  Long >>  Navi

Laboratry Long hair




 コラムはこちら

髪が早く伸びるために必要な要素
要素1  要素2  要素3

美容師にできること (製作中)

女性の”生き方”としてのロングヘア(制作中)

要素1 構成成分(ケラチンタンパク)生成  

  • 髪の毛の構成成分を毎日の食生活の中で充分にとり続ける。→採食
  • 髪の原材料としてのタンパク質とタンパク質を身体組織に変える亜鉛を採取する。また組織の成長をサポートするホルモンに必要な食材を紹介します。要素1で「充分にとり続ける」と書いたのは、これらの材料が成形されるのは睡眠の影響を多く受けるからです。つまり、大げさに言えば過剰に採っても睡眠ごとにしか働かないから、食いだめは効果がないのです。亜鉛の採りすぎは身体に重大な影響をもたらしますから採取量と食事の内容やバランスなどを専門の機関にご相談されることをお勧めします。
  • 構成成分(ケラチンタンパク)生成のために
  • 「タンパク質」を含む食物
    • 牛乳・牛肉・豚肉・鶏肉・大豆・納豆・豆腐・豆乳・魚・卵
    「亜鉛」を含む食物
    • 牡蠣・あさり・豚レバー・牛もも肉・たらばがに・するめ・大豆・納豆・高野豆腐・ごま・そら豆・アーモンド・玄米・とうもろこし・松の実・チーズ



要素2:  髪を成長させるためのホルモン分泌を促進させる

  • 「アルギニン」を含む食物
    • 高野豆腐・大豆・納豆・味噌・肉類・甲殻類・カツオ・マグロ・ゴマ・ピーナッツ・レーズン・牛乳・チョコレート
    「ビタミンB6」を含む食物 (アルギニンを吸収するため)
    • にんにく・鶏ひき肉・豚レバー・まぐろ・いわし・さんま・牛もも・牛レバー・とうがらし・ゴマ・
    その他効果的---「パントテン」を含む食物
    • 酸鶏レバー・豚レバー・牛レバー



要素3: 髪と地肌に適度な刺激を与える。→刺激 

  • 頭皮及び毛根部分に刺激を与える事で、血流を促進しホルモン分泌を促します。またこの刺激は髪の毛の率直な成長を促すことにもつながりますから、くせ毛の矯正やストレス性の脱毛予防にも効果が期待できます。
  • 要素3の実践-1 リンパマッサージ 
    • 頭皮のマッサージ デコルテから頭皮までのマッサージをしてください。デコルテは美容室よりも、リンパマッサージを施せる専門店の方が効果的です。
  • 要素3の実践-2 毛根の膠着を防ぐ
    • 髪を縛ることで毛根の向きを意図的に変える。---ポニーテール・三つ編みなど
    • 髪を縛らない日常では、毛根の向きが一定で向きが変わるほど動くことはあまりありません。頭皮のマッサージや髪を縛ったりまとめたりすることで毛根が本来の方向とは異なる方向に向き変えられます。この刺激によって毛母と毛鞘細胞が柔軟になります。くせ毛、縮毛に矯正効果が期待できます。
  • 要素3の実践-3 充分な睡眠
    • 髪の伸長は「成長ホルモン」の活性にかかっています。このホルモンは睡眠中に多く働くことがわかっている。しかも深い眠りほど活発になるらしいのです。アミノ酸のひとつ「アルギニン」は成長ホルモンを強力に増やす。

要素3(補足) 心を穏やかに笑顔で暮らす。

  • 過度なストレスは消化不良を起こすことからあなたが求める養分の摂取が妨げられます。また「成長ホルモン」が活躍する睡眠の質が低下することで髪が伸びやすい環境が阻害されます。穏やかに暮らすこと,充分な栄養を採取すること、すべてが美しさの源であるといえます。

このレポートは引き続き加筆を重ねます。
当ラボでは、様々な実験やサロンでの事例をあげ、いろいろな観点から報告を積み重ねたいと思っております。今後の取組みとして オイルの親和性と浸透性、クシの通り易さ=髪のつやに関与する、さらに毛穴に皮脂がたまると毛が抜けるってほんと? など普段何気なく認めてしまっている事柄にも事例が揃い次第検と報告にまとめたいと思います。
同業の方からのご意見、ご指摘などもいただければ幸いです。

Mail to info@basiltreatments.com
Phone 03-6421-4332
営業時間 10:30 ~ 21:00
定休日 毎週月曜日 毎月第3日曜日
アクセス 東急大井町線目黒線~大岡山駅~徒歩3分
住所 東京都大田区北千束1-53-4 深澤Ms1F
Copyright   20151108  Kinju Tsukamoto

バジルトリートメンツ コラム・長い髪 ロングヘア 髪を伸ばす のページ